スケーリングビットコインワークショップ

スケーリングビットコイン2016「新たな目標」• 10月8日~9日 イタリア、ミラノ
エンジニアリングコミュニティ / 学術界向け•展示ブースなし• 技術的議論にフォーカス

スポンサー

プラチナ

ゴールド

シルバー

ブロンズ

アカデミア

ローカルサポート組織

ワークショップスポンサーシップ

Sponsorship is now closed.

To sponsor next year's event please complete the following form: https://goo.gl/forms/2iMg1IbXg8Yn37Ul1

If you would like to host next year's event please complete the following form https://goo.gl/forms/kAqlSE3MqJL3hkI72

旅費の援助

Travel subsidy is no longer available. The event has been sold out.

If you have applied for travel subsidy, you will be notified before 2016-09-23 23:59 UTC.

技術提案の募集

The current Scaling Bitcoin Workshop will take place 10月 8日-9日 at the Politecnico di Milano Piazza Leonardo da Vinci, 32 20133 Milano - Italy. We are accepting technical proposals for improving Bitcoin performance including designs, experimental results, and comparisons against other proposals. The goals are twofold: 1) to present potential solutions to scalability challenges while identifying key areas for further research and 2) to provide a venue where researchers, developers, and miners can communicate about Bitcoin development.

We are accepting two types of proposals: one in which accepted authors will have an opportunity to give a 20-30 minute presentation at the workshop, and another where accepted authors can run an hour-long interactive workshop.

Topics of interest include:

  • ビットコインのスループットの改善
  • レイヤー2のアイデア(ペイメントチャネルなど)
  • セキュリティとプライバシー
  • インセンティブと手数料の体系
  • Testing, simulation, and modeling
  • ネットワーク障害への対応
  • スパム対策
  • ブロックサイズの提案
  • Mining concerns
  • Community coordination

これらは、すべてビットコインのスケーラビリティに関連しています。

重要な日付:

  • 2018年6月30日(UTC 23:59)- 技術提案の締め切り日
  • 2018年8月15日(UTC 23:59)- 査読結果およびフィードバック通知の最終日

フォーマッティング

We are doing rolling acceptance, so submit your proposal as soon as you can. Proposals may be submitted as a BIP or as a 1-2 page extended abstract describing ideas, designs, and expected experimental results. Indicate in the proposal whether you are interested in speaking, running an interactive workshop, or both. If you are interested in running an interactive workshop, please include an agenda.

Proposals should be submitted to proposals@scalingbitcoin.org by 2016-09-09 23:59 UTC.

All talks will be livestreamed and published online, including slide decks.

ワークショップの概要

ワークショップはどのように運営されますか?

  • イベントはライブ配信され、同時進行のオンライン・ディスカッションと質問に対応するIRCによる遠隔参加が可能です。
  • これらのワークショップは、既存のビットコイン改善提案(BIP)プロセスを円滑にすることを目的としています。多くの作業は、その後にワークショップの外で行われます。このワークショップは、様々な視点、研究、シミュレーション、提案に対する意識を高めることで、ビットコインの技術とソフトウエアの設計とレビュープロセスに対する付加要素として機能します。
  • 行程、会場の詳細、宿泊のお勧めは以下の通りです。
  • 下記のよくある質問のセクションをご覧ください。このセクションでは他にも多くの質問に回答しています。

日程

注意事項:
印刷

October 7th
19:30
オープニングパーティー

10月8日
09:30
(30 min )
登録

イントロダクション

10:00
(5 min )
イベントの紹介

代替可能性(Fungibility)

10:05
(25 min )
代替可能性の概要
プレゼンター:
Adam Back and Matt Corallo
10:30
(25 min )
JoinMarket
プレゼンター:
Adlai Chandrasekhar
10:55
(25 min )
TumbleBit: 信頼できないビットコイン互換匿名ペイメント・ハブ
プレゼンター:
Ethan Heilman and Leen AlShenibr
11:20
(25 min )
MimbleWimble
プレゼンター:
Andrew Poelstra
11:45
(20 min )
休憩

コミュニティ

12:05
(45 min )
製作 – 拡大 – 運営: ビットコイン・コミュニティの3つの柱
プレゼンター:
Meltem Demirors and Eric Lombrozo
12:50
(90 min )
昼食

ライトニング・スケーラビリティと今後の方向性

14:20
(25 min )
ライトニングのオニオンルーティング
プレゼンター:
Olaoluwa Osuntokun
14:45
(25 min )
Flare:ライトニングネットワークのルーティングへのアプローチ
プレゼンター:
Pavel Prikhodko
15:10
(25 min )
リンク不能アウトソースチャネル・モニタリング
プレゼンター:
Tadge Dryja
15:35
(20 min )
休憩

その他のセカンドレイヤー・システムのスケーラビリティ

15:55
(25 min )
サイドチェーン・スケーリング -- 良いストラテジーは、TX-物理特性の改善はできなくてもTX-スループットの改善が可能です。
プレゼンター:
Paul Sztorc
16:20
(25 min )
拡大可能かつ説明可能なタイムスタンプ
プレゼンター:
Riccardo Casatta
16:45
(75 min )
ワークショップ
ライトニングネットワーク・ルーティング
指導者: C.J. Plooy
非金融用途のスケーリング
指導者: Riccardo Casatta, Jude Nelson
代替可能性(Fungibility)
指導者: Adlai Chandrasekhar, Andrew Poelstra
採掘速度の分散化
指導者: Jack Liao, Alex Petrov
健全なコミュニティの拡大
指導者: Meltem Demirors, Elizabeth Stark
19:30
中央受付

10月9日
10:00
(5 min )
開会

実装およびスモール・チェンジ

10:05
(25 min )
ビットコインのSegwitで得られた教訓
プレゼンター:
Greg Sanders
10:30
(25 min )
楕円曲線シュノアに基づくビットコイン署名
プレゼンター:
Pieter Wuille
10:55
(25 min )
BIP151: エンドユーザーの視点によるピアツーピアの暗号化および認証
プレゼンター:
Jonas Schnelli
11:20
(20 min )
休憩
11:40
(25 min )
シミュレーションに基づくコイン選択戦略の評価
プレゼンター:
Mark Erhardt
12:05
(25 min )
プルーフ・オブ・ワーク・ブロックチェーンのセキュリティとパフォーマンス
プレゼンター:
Arthur Gervais
12:30
(15 min )
ビットコイン・コベナンツ-- 機会と課題
プレゼンター:
Emin Gun Sirer
12:45
(90 min )
昼食

チェーンの切断

14:15
(25 min )
集積的な署名を通した強力な一貫性によるビットコインのセキュリティとパフォーマンスの向上
プレゼンター:
Eleftherios Kokoris Kogias
14:40
(25 min )
有限インパルス低域通過応答フィルターを利用した迅速な問題修正
プレゼンター:
Mark Friedenbach
15:05
(25 min )
大幅なスケーリング拡大を達成するための新しいブレーディング技術
プレゼンター:
David Vorick
15:30
(25 min )
顧客側承認によるスケーリングの向上
プレゼンター:
Peter Todd
15:55
(20 min )
休憩
16:15
(90 min )
ワークショップ
ビットコイン・コミュニティと学術界間の協力
指導者: Shin'ichiro Matsuo, Neha Narula
ウォレット実装問題と議論
指導者: Lawrence Nahum
「チェーンの切断」
指導者: Bob McElrath, Peter Todd
ブロック伝搬
指導者: Matt Corallo, Andrea Suisani
ビットコイン・プロトコル開発への参加
指導者: John Newbery
17:45
(15 min )
閉じる

遠隔参加

ライブ放送は10月8日土曜日の以下の時間に開始します:
09:50 CEST / 07:50 UTC / 03:50 EST / 00:50 PST
公式ライブ配信はYouTubeでご覧になれます:
  • 09:50 中央ヨーロッパ夏時間 / 07:50 協定世界時間 / 03:50 東部標準時間 / 00:50 太平洋標準時間: :
  • 14:10 中央ヨーロッパ夏時間 / 12:10 協定世界時間 / 08:10 東部標準時間/ 05:10 太平洋標準時間: :
  • 09:50 中央ヨーロッパ夏時間 / 07:50 協定世界時間 / 03:50 東部標準時間 / 00:50 太平洋標準時間: :
  • 14:05 中央ヨーロッパ夏時間 / 12:05 協定世界時間 / 08:05 東部標準時間/ 05:05 太平洋標準時間: :
中国での視聴向けライブビデオフィード:
  • YY Live Feed: :

ロケーション

>
Politecnico di Milano
Piazza Leonardo da Vinci, 32
20133 Milano - Italy
local_hotel
ホテル
• Albergo Leonardo Da Vinci ☆☆☆☆
会場隣り
特別料金で12部屋予約
予約用メール:info@albergoleonardodavinci.it
予約コード:「Scalingbitcoin 3」
• Doria Grand Hotel ★★★★
M2/GREEN LINE
(POLYTECHNIC LINE – 2駅目)
特別料金で30部屋予約
• Residence de la Gare ★★★★
M2/GREEN LINE
(POLYTECHNIC LINE – 1駅目)

会議への参加登録

We are sorry, but the event has been sold out.
 
You will still be able to participate via the live stream, IRC, and Twitter.
Due to space limitations, we will not be able to admit anyone at the door.

よくある質問

  • What does it cost?

    To encourage continuity of ongoing discussions, all Phase 1 and 2 participants are invited to Scaling Bitcoin 2016 "Retarget" in Milan at $150 USD (same as for Montreal and Hong Kong). From August 15th, tickets may be available at $300 USD/ticket -- subject to availability.

  • 渡航ビザのための書類が必要です

    (Info: http://vistoperitalia.esteri.it/home/en) You are responsible for figuring out your own personal visa requirements to enter Italy. If you need a letter of invitation, then please correspond with simona.macellari at theinnovationgroup.it (please include your name as in your passport, title and correspondence address).

  • 行くことができないが、参加したい!

    イベントはライブ配信されるので、IRCを介して参加することができます。簡単に直接参加できますが、イベントの参加者全員が自分の前に机を用意し、ライブ配信を視聴している世界中の参加者とのオンラインディスカッションに参加することが奨励されます。何らかの決定を下すことを目的としたワークショップではないことを理解することも重要です。 (以下参照)

  • プレゼンテーションはどのように行われますか?

    提案はproposals@scalingbitcoin.org(上記の"技術提案の募集"の項を参照を参照)に提出することができます。研究に取り組んでいる方は、論文、シミュレーション結果、ソースコードなどの研究結果をbitcoin-devディスカッションリストに投稿することをお勧めします。受理されたプレゼンテーションの量に応じて、ワークショップは発表者ごとに必要な時間を割り当てます。複数の人で実質的に案が重複する場合には、まとめることを提案することがあります。優れたプレゼンテーションプランをお持ちで、提案文書の中で詳細な概要を提供できる場合には、論文形式の文書を提出する必要はありません。

  • Why Milan?

    The third workshop is being planned for Milan, Italy to make it easier for the European Bitcoin community members to attend. Milan is an international and avant-garde city with a charming Bitcoin community of developers and adopters. Together, BlockchainLab and AssoB.it, have created a vibrant environment for Bitcoin related starts-ups where they have fostered inclusive, rigorous and amicable technical discussions.

  • ワークショップで何か決定されますか?

    ワークショップでは決して何かが決定されることはありません。これは、性急に進めることで直接出席することができない世界中のコミュニティに不公平になる危険性があるためです。このワークショップは、問題と提案の認識を高め、共通の根拠を見つけ、ビットコイン改善提案プロセスを通じて既存の技術進歩の仕組みの中で公開討議を促進することが目的です。

  • ディベートが交わされることがありますか?

    おそらくディベートはなく、ワークショップの主催者および参加者は、ストレスが少なく対立的にならないようにイベントを進めます。ワークショップの目的は、ビットコインのスケーラビリティを改善させる方法について全体的な理解を向上させるために、さまざまな視点を紹介し、柔軟性を促進することです。直接のディベートは、せっかくシンプルな立場を固めつつあるビットコインの未来を、政治的立場を得るという意図のもと、あまりにも簡単に傷つける可能性があります。グローバルコミュニティが介入する時間をとって技術研究を慎重に検討するのではなく、一回のイベントでのスムーズな会話にビットコインの将来の安全とセキュリティを委ねるのは理不尽です。

  • このワークショップでビットコインプロジェクトのガバナンスについて話し合うことはできますか?

    Scaling Bitcoin Workshops are focused on raising technical awareness of scalability issues, simulations and proposals to improve scalability. For now the participants want this to be entirely focused on the science and engineering, which is how Open Source Software development has proven to deliver excellence.

  • 今後のワークショップの予定は? BIPについては?

    私達は1年に1回スケーリングビットコイン・ワークショップを開催することを目標としています。 If you would like to host next year's event please complete the following form https://goo.gl/forms/kAqlSE3MqJL3hkI72

  • 食事にはベジタリアンやグルテンフリーのオプションがありますか?

    はい。 何か支援が必要な場合は、contact@scalingbitcoin.orgまでご連絡下さい。

  • これらのソーシャルイベントでは車椅子の利用が可能ですか?

    はい、すべての会場で車椅子をお使いいただけることを確認済みです。 何か支援が必要な場合は、contact@scalingbitcoin.orgまでご連絡下さい。

  • How do you translate Bitcoin terminology to Italian?

    Bitcoin terminology is available at: http://scalingbitcoin.org/technical-terms

    Il Codice di Condotta in Italiano è reperibile qui

オンラインリソース

このサイトについて

スケーリングビットコインプランニング委員会

  • Pindar Wong, VeriFi (Hong Kong) Ltd.
  • Anton Yemelyanov, ASPECTRON Inc.
  • Nelly Milanova, ASPECTRON Inc.
  • Neha Narula, MIT DCI
  • Matt Corallo, Long-time Bitcoin protocol developer
  • Eric Martindale, Blockstream
  • Christopher Allen, Principal Architect, Blockstream
  • Elizabeth Stark, Lightning
  • Leonhard Weese, Bitcoin Association of Hong Kong
  • Larry Salibra, Bitcoin Association of Hong Kong
  • Samson Mow, BTCC
  • Matthew Roszak, Bloq
  • Kang Xie, Individual Volunteer
  • Shin'ichiro Matsuo, BSafe.network / MIT Media Lab
  • Meltem Demirors, Director of Development, Digital Currency Group

ワークショップ運営委員会

  • Ferdinando M. Ametrano, Bitcoin and Blockchain Technology professor at Politecnico di Milano (Chairman)
  • Marco Coda, SellaLab
  • Gabriele Domenichini, President of AssoB.it (Italian Association for the Blockchain Technology) (Funding Leader)
  • Paolo Gianturco, Deloitte Italy (Country Head of FinTech and EMEA Co-lead Grid Blockchain Lab)
  • Simona Macellari, The innovation Group (Event Leader)
  • Andrea Medri, The Rock Trading
  • Stefano Zanero, professor at Politecnico di Milano
  • Giacomo Zucco, BlockchainLab.it (Engagement Activities Leader)

プログラム委員会

  • Matt Corallo, Long-time Bitcoin protocol developer (Program Chair)
  • Bryan Bishop, LedgerX, Bitcoin Core contributor
  • Neha Narula, MIT DCI
  • Ittay Eyal
  • Shin'ichiro Matsuo, BSafe.network / MIT Media Lab
  • Elizabeth Stark, Lightning
  • Gabriele Domenichini, President of AssoB.it
  • Anton Yemelyanov, ASPECTRON Inc.
  • Giacomo Zucco, BlockchainLab.it